工業製品とロボット

工業製品とロボットのこと

工業製品を作るロボット

自動車やバイクなど、大量の工業製品を完成させるためには、工場内に生産ラインを構築するのが得策であり、大規模な工場の多くでは、利潤追求とコストダウンを図るため、それが実行されています。ラインの中には、人の作業を伴う部分とロボットなどを活用し自動化・省力化を図っている部分とが混在します。これにより、最短の時間で、最高の品質の製品を作り上げ、市場に供給することが可能となるのです。日本の工業力は世界一と言われることも少なくありませんが、その根底を担うものは、日夜改善を積み重ねた賜物であり、人の力によるところが大きいのです。換言すれば、その企業で働く人たちの力が結集し、世界に誇れるものづくりが現実のものとなっています。

日本の工業製品とロボット

日本の工業製品は、従前から人の手によって作られてきました。例えば、自動車の部品と部品をつなぐ場合には、溶接という作業を伴い、これは熟練した技能者によって可能とされてきました。しかし、近年、人に代わるものとして、産業用ロボットの開発・普及には目を見張るものがあります。先に述べた溶接作業など、早く・確実に・均一に作業ができるという点で、ロボットの活用がめざましく進展しています。既に日本の工業は衰退の一途をたどり、中国に抜かれてしまったと思われる人が多いかもしれません。しかし、その活用範囲をより一層拡大し、高度な作業を可能とすることで、日本の経済を大きく変革させる可能性を十分に秘めているのです。

ロボットに関する情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 工業製品とロボットのこと All rights reserved