ロボットセンサとは

ロボットセンサとはなにか

工業でも活躍するロボットセンサ

自動で掃除をしてくれる掃除機がなぜ壁にぶつかったりしないか、しっかりとほこりなどを除去してくれるのか不思議に思ったことはありませんか。それは、掃除機にセンサが取り付けられていて様々なことを見分けることができるからなのです。自分でものごとをできるロボットであると言えます。そのセンサは工業にも使われており、多くの工場で部品を選別したり見分けることなどに役立っています。身近なところにあるものが、あまり普段は目にしない工業の分野でも使われているのです。むしろ最初にそちらで使われていた技術が身近なところでも使われるようになったといってもいいでしょう。

ロボットによる効率化の技術

日本の工業の現場ではロボットを利用したラインの構築が世界的に見ても進んでいると言えます。単純な作業を間違いなく行うという点においては人間よりも優れた成績を出すことが出来るという特性があるため、24時間止まらないラインを作ることもできる状況になってきています。しかしながら人間の手で行った方が品質を高く保つことが出来る作業も多く残っており、近年の工業の現場では人の手とロボットの力を上手に融合させたラインが注目を集める状況になっています。正確かつ生産性の高いラインの構築のために現在も研究が続けられています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 工業製品とロボットのこと All rights reserved